http://FMPro.info  FileMaker Pro 関連総合ポータルサイト

ErrorMsg 関数

カテゴリー : その他
計算結果のデータタイプ : テキスト
対応FileMakerバージョン : 対応 7  対応 8  対応 8.5  対応 9  対応 10  対応 11  対応 12  対応 13  対応 14  対応 15
作者 : オリジナルアイデア :Tim Neudecker Kyo Logic LLC

概要

ファイルメーカーのエラー番号からその番号の説明を返します。

構文

ErrorMsg ( エラー番号 )

引数

引数名タイプ備考
エラー番号数字FileMaker のエラー番号1631

別のウィンドウで、引数の値を変更してテストすることが出来ます

ErrorMsg ( 1631 )

結果

接続に失敗しました

/*==============================================================

カスタム関数    ErrorMsg ( エラー番号 )
2015.05.13 変更 FileMaker Pro 14 対応

http://www.fmpro.jp/fmi/xsl/plugin/cf.xsl?ID=0001
=============================================================*/


Let
(
    [ Error = エラー番号 ] ;
   Case (
        Error = -1 ; "原因不明のエラー" ;
        Error = 0 ; "エラーなし" ;
        Error = 1 ; "ユーザによるキャンセル" ;
        Error = 2 ; "メモリエラー" ;
        Error = 3 ; "コマンドが使用できません(たとえば誤ったオペレーティングシステムや誤ったモードなど)" ;
        Error = 4 ; "コマンドが見つかりません" ;
        Error = 5 ; "コマンドが無効です(たとえば、[フィールド設定] スクリプトステップに計算式が指定されていない場合など)" ;
        Error = 6 ; "ファイルが読み取り専用です" ;
        Error = 7 ; "メモリ不足" ;
        Error = 8 ; "空白の結果" ;
        Error = 9 ; "アクセス権が不十分です" ;
        Error = 10 ; "要求されたデータが見つかりません" ;
        Error = 11 ; "名前が有効ではありません" ;
        Error = 12 ; "名前がすでに存在します" ;
        Error = 13 ; "ファイルまたはオブジェクトが使用中です" ;
        Error = 14 ; "範囲外" ;
        Error = 15 ; "0で割ることができません" ;
        Error = 16 ; "処理に失敗したため、再試行が必要です(たとえば、ユーザクエリーなど)" ;
        Error = 17 ; "外国語の文字セットの UTF-16 への変換に失敗しました" ;
        Error = 18 ; "続行するにはクライアントはアカウント情報を指定する必要があります" ;
        Error = 19 ; "文字列に A から Z、a から z、0 から 9(ASCII)以外の文字が含まれています" ;
        Error = 20 ; "コマンドまたは操作がスクリプトトリガによってキャンセルされました" ;     // 10以降
        Error = 21 ; "リクエストがサポートされていません(ハードリンクに対応していないファイルシステムにハードリンクを作成しようとした場合など)" ;     // 13以降
        Error = 100 ; "ファイルが見つかりません" ;
        Error = 101 ; "レコードが見つかりません" ;
        Error = 102 ; "フィールドが見つかりません" ;
        Error = 103 ; "リレーションシップが見つかりません" ;
        Error = 104 ; "スクリプトが見つかりません" ;
        Error = 105 ; "レイアウトが見つかりません" ;
        Error = 106 ; "テーブルが見つかりません" ;
        Error = 107 ; "索引が見つかりません" ;
        Error = 108 ; "値一覧が見つかりません" ;
        Error = 109 ; "アクセス権セットが見つかりません" ;
        Error = 110 ; "関連テーブルが見つかりません" ;
        Error = 111 ; "フィールドの繰り返しが無効です" ;
        Error = 112 ; "ウインドウが見つかりません" ;
        Error = 113 ; "関数が見つかりません" ;
        Error = 114 ; "ファイル参照が見つかりません" ;
        Error = 115 ; "メニューセットが見つかりません" ;     // 8以降
        Error = 116 ; "レイアウトオブジェクトが見つかりません" ;     // 8.5以降
        Error = 117 ; "データソースが見つかりません" ;     // 9以降
        Error = 118 ; "テーマが見つかりません" ;     // 12以降
        Error = 130 ; "ファイルが損傷しているか見つからないため、再インストールする必要があります" ;
        Error = 131 ; "言語パックファイルが見つかりません(Starter Solution など)" ;
        Error = 200 ; "レコードアクセスが拒否されました" ;
        Error = 201 ; "フィールドを変更できません" ;
        Error = 202 ; "フィールドアクセスが拒否されました" ;
        Error = 203 ; "ファイルに印刷するレコードがないか、入力したパスワードでは印刷できません" ;
        Error = 204 ; "ソート優先順位に指定されたフィールドにアクセスできません" ;
        Error = 205 ; "ユーザに新規レコードを作成するアクセス権がありません。既存のデータはインポートしたデータで上書きされます" ;
        Error = 206 ; "ユーザにパスワードの変更アクセス権がないか、変更可能なファイルではありません" ;
        Error = 207 ; "ユーザにデータベーススキーマを変更するアクセス権がないか、変更可能なファイルではありません" ;
        Error = 208 ; "パスワードに十分な文字が含まれていません" ;
        Error = 209 ; "既存のパスワードと新規パスワードを同一にすることはできません" ;
        Error = 210 ; "ユーザアカウントが非アクティブです" ;
        Error = 211 ; "パスワードが期限切れです" ;
        Error = 212 ; "ユーザアカウントまたはパスワードが無効です。再試行してください" ;
        Error = 213 ; "ユーザアカウントまたはパスワードが存在しません" ;
        Error = 214 ; "ログイン試行回数が多すぎます" ;
        Error = 215 ; "管理者権限は複製できません" ;
        Error = 216 ; "ゲストアカウントは複製できません" ;
        Error = 217 ; "ユーザに管理者アカウントを変更する十分なアクセス権がありません" ;
        Error = 218 ; "パスワードとパスワードの確認が一致しません" ;     // 12以降
        Error = 300 ; "ファイルがロックされているか、使用中です" ;
        Error = 301 ; "別のユーザがレコードを使用中です" ;
        Error = 302 ; "別のユーザがテーブルを使用中です" ;
        Error = 303 ; "別のユーザがデータベーススキーマを使用中です" ;
        Error = 304 ; "別のユーザがレイアウトを使用中です" ;
        Error = 306 ; "レコード修正 ID が一致しません" ;
        Error = 307 ; "ホストとの通信エラーのためトランザクションをロックできませんでした" ;     // 12以降
        Error = 308 ; "別のユーザがテーマを使用しておりロックされています" ;     // 12以降
        Error = 400 ; "検索条件が空です" ;
        Error = 401 ; "検索条件に一致するレコードがありません" ;
        Error = 402 ; "選択したフィールドはルックアップの照合フィールドではありません" ;
        Error = 403 ; "評価版の FileMaker Pro に設定されている最大レコード数の制限を超過しています" ;
        Error = 404 ; "ソート順が無効です" ;
        Error = 405 ; "指定したレコード数が除外可能なレコード数を超過しています" ;
        Error = 406 ; "全置換またはシリアル番号の再入力に指定された条件が無効です" ;
        Error = 407 ; "片方または両方の照合フィールドが欠けています(無効なリレーションシップ)" ;
        Error = 408 ; "指定されたフィールドのデータが不適切なためこの処理を実行できません" ;
        Error = 409 ; "インポート順が無効です" ;
        Error = 410 ; "エスクポート順が無効です" ;
        Error = 412 ; "ファイルの修復に誤ったバージョンの FileMaker Pro が使用されました" ;
        Error = 413 ; "指定されたフィールドのフィールドタイプが不適切です" ;
        Error = 414 ; "レイアウトに結果を表示できません" ;
        Error = 415 ; "1つまたは複数の必要な関連レコードが使用できません" ;     // 8以降
        Error = 416 ; "データソーステーブルからの主キーが必要です" ;     // 9以降
        Error = 417 ; "ファイルがサポートされているデータソースではありません" ;     // 9以降
        Error = 418 ; "フィールドへの INSERT 操作中に内部エラーが発生しました" ;     // 13以降
        Error = 500 ; "日付の値が入力値の制限を満たしていません" ;
        Error = 501 ; "時刻の値が入力値の制限を満たしていません" ;
        Error = 502 ; "数字が入力値の制限を満たしていません" ;
        Error = 503 ; "フィールドの値が入力値の制限オプションに指定されている範囲内に入っていません" ;
        Error = 504 ; "フィールドの値が入力値の制限オプションで要求されているように固有の値になっていません" ;
        Error = 505 ; "フィールドの値が入力値の制限オプションで要求されているようにファイル内の既存値になっていません" ;
        Error = 506 ; "フィールドの値が入力値の制限オプションに指定されている値一覧に含まれていません" ;
        Error = 507 ; "フィールドの値が入力値の制限オプションに指定されている計算式を満たしません" ;
        Error = 508 ; "検索モードに無効な値が入力されました" ;
        Error = 509 ; "フィールドに有効な値が必要です" ;
        Error = 510 ; "関連する値が空であるか、使用できません" ;
        Error = 511 ; "フィールド内の値が最大文字数を超過しました" ;
        Error = 512 ; "レコードがすでに別のユーザによって変更されています" ;     // 9以降
//        Error = 513 ; "レコードを作成するにはいずれかのフィールドに値が入力されている必要があります" ;     // 9〜11
        Error = 513 ; "検証は指定されていませんがフィールドにデータが一致しません" ;     // 14以降
        Error = 600 ; "印刷エラーが発生しました" ;
        Error = 601 ; "ヘッダとフッタの高さを加算するとページの高さを超えます" ;
        Error = 602 ; "現在の段数設定ではボディ部分がページ内に収まりません" ;
        Error = 603 ; "印刷接続が遮断されました" ;
        Error = 700 ; "インポートできないファイルタイプです" ;
        Error = 706 ; "EPSF ファイルにプレビューイメージがありません" ;
        Error = 707 ; "グラフィックの変換ファイルが見つかりません" ;
        Error = 708 ; "ファイルをインポートできないか、ファイルをインポートするにはカラーモニタが必要です" ;
        Error = 709 ; "QuickTime ムービーのインポートに失敗しました" ;     // 13まで
        Error = 710 ; "データベースファイルが読み取り専用になっているためQuickTime ファイルの参照を更新できません" ;     // 13まで
        Error = 711 ; "インポートの変換ファイルが見つかりません" ;
        Error = 714 ; "入力したパスワードでは設定されている権限が不足しているためこの操作は認められていません" ;
        Error = 715 ; "指定された Excel ワークシートまたは名前の付いた範囲がありません" ;
        Error = 716 ; "ODBC インポートでは、DELETE、INSERT、または UPDATE を使用する SQL クエリーは使用できません" ;
        Error = 717 ; "インポートまたはエクスポートを続行するための十分な XML/XSL 情報がありません" ;
        Error = 718 ; "(Xerces からの)XML ファイルの解析エラーです" ;
        Error = 719 ; "(Xalan からの)XSL を使用した XML 変換エラーです" ;
        Error = 720 ; "エクスポート時のエラー。対象のドキュメントフォーマットでは繰り返しフィールドはサポートされていません" ;
        Error = 721 ; "パーサまたはトランスフォーマで原因不明のエラーが発生しました" ;
        Error = 722 ; "フィールドのないファイルにデータをインポートすることはできません" ;
        Error = 723 ; "インポート先のテーブルでレコードを追加または変更する権限がありません" ;
        Error = 724 ; "インポート先のテーブルにレコードを追加する権限がありません" ;
        Error = 725 ; "インポート先のテーブルでレコードを変更する権限がありません" ;
        Error = 726 ; "ソースファイルに対象テーブルよりも多くのレコードが含まれています。一部のレコードがインポートされませんでした" ;
        Error = 727 ; "対象テーブルにソースファイルよりも多くのレコードが含まれています。一部のレコードが更新されませんでした" ;
        Error = 729 ; "インポート中にエラーが発生しました。レコードをインポートすることができません" ;
        Error = 730 ; "サポートされないバージョンの Excel。ファイルを現在の Excel フォーマットに変換して再試行してください" ;
        Error = 731 ; "インポート元のファイルにデータが含まれていません" ;
        Error = 732 ; "このファイルには内部に他のファイルが含まれているため、挿入できません" ;
        Error = 733 ; "テーブルをテーブル自体にインポートすることはできません" ;
        Error = 734 ; "このファイルタイプをピクチャとして表示することはできません" ;
        Error = 735 ; "このファイルタイプをピクチャとして表示することはできません。ファイルとして挿入および表示されます" ;
        Error = 736 ; "この形式にエクスポートするにはデータが大きすぎます。入らないデータは切り捨てられます" ;     // 8以降
        Error = 737 ; "インポート元の Bento テーブルがありません" ;     // 10〜13
        Error = 738 ; "インポートしようとしているテーマはすでに存在します" ;     // 13以降
        Error = 800 ; "ファイルをディスク上に作成できません" ;
        Error = 801 ; "システムディスクにテンポラリファイルを作成できません" ;
        Error = 802 ; "ファイルを開くことができません" ;
        Error = 803 ; "ファイルがシングルユーザに設定されているか、またはホストが見つかりません" ;
        Error = 804 ; "ファイルは現在の状態では読み取り専用として開くことができません" ;
        Error = 805 ; "ファイルが損傷しています。修復コマンドを使用してください" ;
        Error = 806 ; "このバージョンの FileMaker Pro ではファイルを開くことができません" ;
        Error = 807 ; "ファイルが FileMaker Pro のファイルではないか、重大な損傷があります" ;
        Error = 808 ; "アクセス権情報が壊れているため、ファイルを開くことができません" ;
        Error = 809 ; "ディスク/ボリュームがいっぱいです" ;
        Error = 810 ; "ディスク/ボリュームがロックされています" ;
        Error = 811 ; "テンポラリファイルを FileMaker Pro ファイルとして開くことができません" ;
        Error = 812 ; "ホストの容量を超えています" ;     // 13以降
        Error = 813 ; "ネットワーク上でレコードの同期エラーが発生しました" ;
        Error = 814 ; "最大数のファイルがすでに開いているため、ファイルを開くことができません" ;
        Error = 815 ; "ルックアップファイルを開くことができません" ;
        Error = 816 ; "ファイルを変換できません" ;
        Error = 817 ; "このソリューションに属していないため、ファイルを開くことができません" ;
        Error = 819 ; "リモートファイルのローカルコピーを保存できません" ;
        Error = 820 ; "ファイルが閉じています" ;
        Error = 821 ; "ホストによって接続解除されました" ;
        Error = 822 ; "FMI ファイルが見つかりません。見つからないファイルを再インストールしてください" ;
        Error = 823 ; "ファイルをシングルユーザに設定できません。ゲストが接続しています" ;
        Error = 824 ; "ファイルが損傷しているか、FileMaker のファイルではありません" ;
        Error = 825 ; "ファイルには保護ファイルを参照する権限がありません" ;     // 12以降
        Error = 826 ; "指定したファイルパスは有効なパスではありません" ;     // 12以降
        Error = 827 ; "ソースにデータが含まれていないか、ソースが参照であるためファイルは作成されませんでした" ;     // 14以降
        Error = 850 ; "パスがオペレーティングシステムで有効ではありません" ;     // 12以降
        Error = 851 ; "ディスクから外部ファイルを削除できません" ;     // 12以降
        Error = 852 ; "外部格納にファイルを書き込めません" ;     // 12以降
        Error = 853 ; "1つ以上のオブジェクトの転送に失敗しました" ;     // 13以降
        Error = 900 ; "スペルチェックのエンジンにエラーが発生しています" ;
        Error = 901 ; "スペルチェック用のメイン辞書がインストールされていません" ;
        Error = 902 ; "ヘルプシステムを起動できませんでした" ;
        Error = 903 ; "共有ファイルではコマンドを使用できません" ;
        Error = 905 ; "コマンドを使用するにはファイルがアクティブである必要があります" ;
        Error = 906 ; "現在のファイルは共有されていません。コマンドはファイルが共有されている場合のみ使用することができます" ;     // 9以降
        Error = 920 ; "スペルチェックエンジンを初期化できません" ;
        Error = 921 ; "編集するユーザ辞書をロードできません" ;
        Error = 922 ; "ユーザ辞書が見つかりません" ;
        Error = 923 ; "ユーザ辞書が読み取り専用です" ;
        Error = 951 ; "予期しないエラーが発生しました(*)" ;
        Error = 954 ; "サポートされていない XML 文法です(*)" ;
        Error = 955 ; "データベース名がありません(*)" ;
        Error = 956 ; "データベースセッションが最大数を超過しました(*)" ;
        Error = 957 ; "コマンドが競合しています(*)" ;
        Error = 958 ; "クエリーに引数がありません(*)" ;
        Error = 959 ; "カスタム Web 公開テクノロジーが無効です" ;     // 12以降
        Error = 960 ; "引数が無効です" ;     // 12以降
        Error = 1200 ; "一般的な計算エラーです" ;
        Error = 1201 ; "関数の引数が足りません" ;
        Error = 1202 ; "関数の引数が多すぎます" ;
        Error = 1203 ; "計算式が未完了です" ;
        Error = 1204 ; "数字、テキスト定数、フィールド名、または「(」を入れてください" ;
        Error = 1205 ; "コメントは「*/」で終了できません" ;
        Error = 1206 ; "テキスト定数は半角のダブルクォーテーションマークで終わらなければなりません" ;
        Error = 1207 ; "カッコが一致していません" ;
        Error = 1208 ; "演算子または関数が見つからないか、「(」は使用できません" ;
        Error = 1209 ; "名前(フィールド名またはレイアウト名)が見つかりません" ;
        Error = 1210 ; "プラグイン関数はすでに登録されています" ;
        Error = 1211 ; "この関数では一覧を使用できません" ;
        Error = 1212 ; "演算子(+、-、* など)を入れてください" ;
        Error = 1213 ; "この変数はすでに Let 関数で定義されています" ;
        Error = 1214 ; "AVERAGE、COUNT、EXTEND、GETREPETITION、MAX、MIN、NPV、STDEV、SUM、および GETSUMMARY 関数で、フィールドのみ必要な部分に式が使われています" ;
        Error = 1215 ; "この引数は取得関数の無効な引数です" ;
        Error = 1216 ; "GetSummary 関数の 1 番目の引数は、集計フィールドのみに限られます" ;
        Error = 1217 ; "区分けフィールドが無効です" ;
        Error = 1218 ; "数字を評価できません" ;
        Error = 1219 ; "フィールド固有の式にフィールドは使用できません" ;
        Error = 1220 ; "フィールドタイプは標準にするか、計算する必要があります" ;
        Error = 1221 ; "データタイプは数字、日付、時刻、またはタイムスタンプでなければなりません" ;
        Error = 1222 ; "計算式を保存できません" ;
        Error = 1223 ; "指定された関数はまだ実装されていません" ;
        Error = 1224 ; "指定された関数は存在しません" ;     // 8以降
        Error = 1225 ; "指定された関数はこのコンテキストではサポートされていません" ;     // 9以降
        Error = 1300 ; "指定された名前は使用できません" ;     // 8以降
        Error = 1301 ; "インポートまたは貼り付けられた関数の引数がファイル内の関数として同じ名前です。" ;     // 13以降
        Error = 1400 ; "ODBC クライアントドライバの初期化に失敗しました。ODBC クライアントドライバが適切にインストールされていることを確認してください" ;
        Error = 1401 ; "環境の割り当てに失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1402 ; "環境の解放に失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1403 ; "切断に失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1404 ; "接続の割り当てに失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1405 ; "接続の解放に失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1406 ; "SQL API のチェックに失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1407 ; "ステートメントの割り当てに失敗しました(ODBC)" ;
        Error = 1408 ; "拡張エラー(ODBC)" ;
        Error = 1409 ; "エラー(ODBC)" ;     // 9以降
        Error = 1413 ; "通信リンクに失敗しました(ODBC)" ;     // 9以降
        Error = 1414 ; "SQL ステートメントが長すぎます" ;     // 12以降
        Error = 1450 ; "PHP アクセス権を拡張する操作が必要です(*)" ;     // 10以降
        Error = 1451 ; "現在のファイルをリモートにする操作が必要です" ;     // 10以降
        Error = 1501 ; "SMTP の認証に失敗しました" ;     // 10以降
        Error = 1502 ; "SMTP サーバーによって接続が拒否されました" ;     // 10以降
        Error = 1503 ; "SSL でエラーが発生しました" ;     // 10以降
        Error = 1504 ; "SMTP サーバーの接続を暗号化する必要があります" ;     // 10以降
        Error = 1505 ; "指定された認証方法は SMTP サーバーではサポートされていません" ;     // 10以降
        Error = 1506 ; "E メールメッセージは正常に送信されませんでした" ;     // 10以降
        Error = 1507 ; "SMTP サーバーにログインできませんでした" ;     // 10以降
        Error = 1550 ; "プラグインをロードできないか有効なプラグインではありません" ;     // 12以降
        Error = 1551 ; "プラグインをインストールできません。既存のプラグインを削除できないか、フォルダまたはディスクに書き込めません" ;     // 12以降
        Error = 1626 ; "プロトコルがサポートされていません" ;     // 12以降
        Error = 1627 ; "認証に失敗しました" ;     // 12以降
        Error = 1628 ; "SSL でエラーが発生しました" ;     // 12以降
        Error = 1629 ; "接続がタイムアウトになりました。タイムアウトの値は 60 秒です" ;     // 12以降
        Error = 1630 ; "URL 書式が正しくありません" ;     // 12以降
        Error = 1631 ; "接続に失敗しました" ;     // 12以降
        Error = 1632 ; "サポートされている認証機関で証明書を認証できませんでした" ;     // 14以降
        Error = 1633 ; "証明書は有効ですがエラーが発生します(たとえば証明書の有効期限が切れているなど)" ;     // 14以降

        // http://help.filemaker.com/app/answers/detail/a_id/10790
        Error = 2021 ; "plug-ins configuration disallowed" ;
        Error = 2046 ; "This command or action cannot be performed because that functionality is no longer supported" ;
        Error = 2047 ; "Bento 2 (or later) is not presented on the system" ;
        Error = 2048 ; "The selected work book is not excel 2007/2008 format" ;
        Error = 2056 ; "This script step cannot be performed because this window is in a modal state." ;
        Error = 3000 ; "Action never occurred because script was triggered" ;
        Error = 3001 ; "Set when a step returns but is not really finished (probably due to having to switch threads and keep engine thread running)" ;
        Error = 3002 ; "The external file can not be deleted from disk. Do you want to delete the reference to the file anyway?" ;
        Error = 3003 ; "Can not write file to the external storage." ;
        Error = 3004 ; "Directory Cant Edit" ;
        Error = 3005 ; "Directory Cant Delete" ;
        Error = 3100 ; "Theme is in use" ;     // 13以降
        Error = 3219 ; "Convert Global To Remote Warning" ;
        Error = 3220 ; "Directory Not Accessible Warning" ;
        Error = 3316 ; "Wrning before clearing out existing find requests" ;
        Error = 3317 ; "Wrning before attempting to restore files from hibernation" ;
        Error = 3319 ; "Warning: SSL certificate is invalid. Do you want to continue?" ;     //14以降
        Error = 3320 ; "Warning: SSL certificate could not be verified. Do you want to continue?" ;     //14以降
        Error = 3427 ; "Button cannot contain a tab control" ; // [NEW in FMP 8.0, modified in FMP 13.0"
        Error = 3428 ; "When a panel is deleted, all the objects on that panel will be deleted" ;     // [NEW in FMP 8.0, modified in FMP 13.0
        Error = 3429 ; "One or more of the panels you've selected contain locked objects. Do you you want to delete those panel(s) even though they contain locked object(s)?" ;     // [NEW in FMP 8.0, modified in FMP 13.0
        Error = 3956 ; "The total size of all base directory paths cannot exceed ^1 bytes." ;
        Error = 3957 ; "At least one filter must remain." ;
        Error = 3958 ; "Please select at least one bar code type" ;     // 13以降
        Error = 3959 ; "\"At least one window orientation must be enabled.\"" ;     //14以降
        Error = 4103 ; "File path is invalid or cannot be resolved during file transfer" ;
        Error = 4104 ; "File i/o issue during file transfer" ;
        Error = 4106 ; "The target base directory \1770 is not valid." ;
        Error = 4107 ; "The target base directory \1770 could not be created." ;
        Error = 4603 ; "Spell Export Complete" ;
        Error = 4709 ; "Unsupported svg, can not be imported." ;     //14以降
        Error = 7100 ; "Data Deferred" ;
        Error = 8404 ; "An installed OnTimer script could not be found or could not be run with current access privileges" ;
        Error = 8213 ; "Too many temporary objects created, can't create any more." ;
         Error = 8310 ; "There is an error in the syntax of the query." ;
        Error = 8498 ; "Stale Import Order To Be Updated" ;
        Error = 8499 ; "Import Match May Be Invalid" ;
        Error = 20413 ; "Too Many Files" ;
        Error = 20605 ; "No network connection is available" ;
        Error = 20606 ; "Fail to resolve network address" ;    // 13以降
        Error = 20650 ; "Page doesn't have enough footer size for encryption" //14以降
    )
)

エンコードは Unicode (UTF-8)、改行タイプは LF (Unix) 形式のテキストとして保存します。
テキストエディタで正常に開かない場合は、エンコードを指定してファイルを開くようにしてください。

詳細説明

ファイルメーカーのエラー番号からその番号の説明を返します。
説明はFileMaker Pro Help より引用しました。
FileMaker Pro Help に掲載されていないエラーについては
http://help.filemaker.com/app/answers/detail/a_id/10790
を参照しています。

この関数が使用する他のカスタム関数

この関数を使用する他のカスタム関数

注意:ここで紹介されているカスタム関数をご自分のシステムに組み込んだ場合に発生した問題についてはFMPro.infoは責任を負いません。

Copyright © 2004-2009 FMPro.info All Rights Reserved.