特集 ニュース コラム Plug-in・カスタム関数 関連製品・サービス 書籍
活用事例 コミュニティ・リンク 人材募集
 

FileMaker Developer Conference 2004 開催

  FileMaker Developer Conference 2004が昨年と同地、アメリカ、アリゾナ州フェニックスで開催された。
開催は2004年8月29日〜9月1日までの4日間、FileMaker Developerたちにとって1年で最も熱い時となった。

  FileMaker Pro 以外のファミリー製品の発売は未定だったものの、FileMaker Pro 7 の発売直後のカンファレンスとあって、最高の盛り上がりを見せた。参加者は全体で1,400人超。日本からはこれまでで最高の参加人数30人を超え、お膝元USからの参加者に次いで、最も多い参加となった。

  今回のカンファレンスのポイントはやはり、FileMaker Pro 7 の新機能に関する技術情報や構築手法、今後発売予定であるFileMaker Server 7 、FileMaker Server 7 Advancedに関連する情報だ。FileMaker Server 7 、FileMaker Server 7 Advancedは本格的な運用には必要不可欠なだけに、発売前の段階で最新の情報を収集できることは貴重だと言えよう。特に、XML、XSLTによるWeb Publishing、FileMaker Developer を使ったCustom Functionsなどは興味深い。
   また、Migration ( 旧バージョンから新バージョンへのコンバート、移行) についても、これまでのバージョンアップにおけるそれより、少々テクニックが必要とのこと。確かに、FileMaker Pro 7 の新構造を生かすことを前提にMigratするには、それなりの工夫が必要だということか。そのあたりの解説が簡単にではあるが有限会社ジェネコムのカンファレンスレポートに公開されているので、参考にするとよい。

  カンファレンスに参加した日本のベンダーが公開しているカンファレンスレポート。 カンファレンスの様子やセッションの内容を垣間見ることができる。

  有限会社ジェネコム    FileMaker Developer Conference 2004 Phoenix Arizona
  有限会社ジーネクスト  FileMaker Developer Conference 2004

 

[2004/11/15]
[有限会社ジェネコム 高岡幸生]

FileMaker Developer Conference 2004公式ページ

FMPro.jpについて |  利用規約 |  プライバシーポリシー |  お問い合わせ